◆貴志篤大の趣味

鉄道マニア「撮り鉄」の特徴

鉄道マニア「撮り鉄」の特徴 撮り鉄とは鉄道マニアの中でも電車を写真に収めることを趣味とする人です。
一言に撮り鉄といっても、それぞれのこだわりポイントがあり多種多様です。
例えば鉄道が入った風景を撮影するのが好きな人がいます。
桜が咲く季節や、雪が積もった風景とともに電車のベストショットを撮るのが特徴で、カレンダー写真のようなものが出来上がります。
走行写真を撮る人もいます。
電車が乗客を乗せて走っている様子などを撮影します。
車両が引退するときの最後の走行写真を撮るのも人気です。
また、型式ごとに写真を撮りコレクションをすることもあります。
その場合は記録写真ですので正面から、側面から、車輪などを撮影していきます。
他にも線路や、踏切など車両以外の構造物を対象としている人もいます。
撮り鉄は電柱や電線など風景を損ねるものが映り込むのを嫌いますので、写真を撮るときのポジション選びを慎重に行う人がほとんどです。
多くの人はマナーを守っていますが、一部の人は残念なことに非常識な行動をすることがあります。
例えば線路に立ち入ったり、私有地に入って所有者とトラブルを起こすこともあります。
そういったマイナス面での理由もあり、鉄道マニアの中でも有名です。

鉄道マニア「撮り鉄」の魅力

鉄道マニア「撮り鉄」の魅力 数多くのジャンルが存在する鉄道マニアの中でも、「撮り鉄」に関しては乗り鉄と同様に多くの鉄道マニア率を占めており、全国各地を走っている鉄道を撮影するために鉄道車両好きが各地の沿線に集まっています。
撮り鉄は毎日のように走っている車両や貨物列車はもちろんの事、お召列車・豪華寝台特急・ツアー専用列車・鉄道整備車両といったプレミアム車両を撮るために事前に情報収集を集めます。
プレミアム車両の通過時刻に関しては、大まかな時刻がわかっているのみですので、早い場合は数時間前から場所取りをしてスタンバイを行います。
撮影機材に関しては、一眼レフ・スマートフォンで撮影する人に加え、遠方からであっても画質の良い望遠レンズを購入して車両を撮影している人もおり、鉄道車両の撮影に特化したブログを開設して多くの撮り鉄仲間と交流を図っている場合もあります。
鉄道車両を初めて撮影する場合は、駅構内を発着する車両の方が発着時刻が正確であるのでおすすめとなっており、車両の通過時刻がわかるようになれば沿線で撮影にチャレンジしてみると良いでしょう。
構内で撮影をする場合は、同一会社路線の乗り放題のフリー切符を活用すれば朝から夕方まで数多くの撮影を出来るメリットがあるので、沢山の車両を撮影したい場合は事前にお得切符の情報を集めておく事も大切です。

新着情報
「撮り鉄」
に関連するツイート
Twitter

「新聞社のカメラマン」と「厄介な #撮り鉄 」の共通性に納得してしまうなど。

東武6050系と同一設計・仕様の、野岩鉄道6050系100番台・61101編成(1985(昭和60)年・アルナ工機(現・アルナ車両)製)。 なお書類上は東武に納車されたあと、野岩鉄道に譲渡された事になっています(61102および61103編成、会津鉄道の200番台(61201)編成も同様)。 #撮り鉄 pic.twitter.com/QGQY2GTMDI

Twitterやまがみまさき@LXE48LOVE

返信 リツイート 5分前

電車のホームでも椅子を持ってる人いたのであの人もヌュアンスかもしれない。(ただの撮り鉄)

撮り鉄、映画「電車を勝手に止めるな!」製作決定 クラウドファンディング実施

Twitterって思うやん?@W8_moto

返信 リツイート2 7分前

RT @Gk_31_Tc455_604: 呑気に構えている撮り鉄の皆さんへ pic.twitter.com/ko37SNOhwd

撮り鉄、乗り鉄ってあるけど、この場合はなんて言うんだろう。運転鉄?w

Twitter十影@トカゲマン@tokage1985

返信 リツイート 8分前

最近は撮り鉄がトレンド

GWはとりあえず四国で撮り鉄

撮り鉄の私が“清掃”の仕事で夢を形に「今は電車よりも『仲間』の姿に目がいきますね」 東日本環境アクセスのプロフェッショナルたち #8 #東日本環境アクセス bunshun.jp/articles/-/110…

撮り鉄の鑑やんけ