◆貴志篤大の趣味

貴志篤大という人物のこと

貴志篤大という人物のこと 栃木県出身の貴志篤大は、年齢は45歳の既婚者です。結婚をしていて子供は2人いる父親でもあります。
子供は、会社員の息子と大学生の娘です。貴志篤大は会社員の仕事をしている男性で、妻は専業主婦です。
家族仲はとても良く、休日になると家族一緒に楽しむことのできる映画を観たり、テレビ番組を観て過ごす事が多いようです。
人当たりがとても良く、気さくで優しいと評判の高い貴志篤大は、温厚でもあるのでめったに怒ることはありません。
映画は、家族がおすすめする新作映画やテレビで放送される映画を観る事が多いようです。映画の種類は幅広く、アニメ映画やジャンル問わず様々な映画作品を見ることが出来るようです。
特に、貴志篤大の娘はアニメ映画が大好きで、家族の中で一番アニメ映画を好んで観ています。息子は、アニメ映画はあまり観ることがなく、どちらかといえばカッコいいヒーローの登場するアクション映画派のようです。
その中でも、アクションがド派手でスタイリッシュなものを好んで観ています。貴志篤大は、どんな映画でも観られるということで、子供たちの好きなジャンルの映画を選んで、休日になると映画を楽しむことが多いようです。

アウトドアや鉄道について

アウトドアや鉄道について 休日には、家族と一緒に映画を観たりドキュメンタリー番組を観ることの多い貴志篤大ですが、アウトドアも趣味の一つです。
子供たちもアウトドアが好きなようなのですが、自身も大のアウトドア好きで友達と一緒に鉄道を観に行くこともあります。
鉄道は、好きというだけではなく鉄道マニアと呼べるほど詳しいと評判のようです。ただ、鉄道はよく鉄道を観に行くことの多い友達の方が2倍は詳しいということです。
子供の頃に鉄道の奥深さやカッコよさといったものに興味が出た貴志は、時間があれば鉄道に乗ったり、観に行ったりしています。比較的熱しやすく冷めやすいタイプの貴志ですが、鉄道に関してだけは他の趣味より2倍の熱量です。貴志の妻もそれなりに鉄道について知っているのですが、子供たちはまったく興味がありません。
最近は、鉄道について語り合える友達をたくさん作ろうと、鉄道マニアの友達作りにも励んでいるということで積極的に活動をしています。
貴志は、鉄道に乗ることが多いのですが写真撮影をすることもあります。鉄道のカッコよく映る角度など研究して、カッコいい写真が撮れるように時間がある時には写真撮影にもこだわっているということです。

新着情報
「電車 子供」
に関連するツイート
Twitter

電車やレストランで子供が泣き出した時に、オバちゃんとかが 「元気があっていいねえ」 と言うことがあり、以前は 「泣くから元気ってことでもないのでは」 と思ってたけど、最近あれは 「子供の泣き声を歓迎する人間が少なくともここに一人いるぞ」 という親への援護と周囲への牽制なのだと気づいた。

電車やレストランで子供が泣き出した時に、オバちゃんとかが 「元気があっていいねえ」 と言うことがあり、以前は 「泣くから元気ってことでもないのでは」 と思ってたけど、最近あれは 「子供の泣き声を歓迎する人間が少なくともここに一人いるぞ」 という親への援護と周囲への牽制なのだと気づいた。

電車やレストランで子供が泣き出した時に、オバちゃんとかが 「元気があっていいねえ」 と言うことがあり、以前は 「泣くから元気ってことでもないのでは」 と思ってたけど、最近あれは 「子供の泣き声を歓迎する人間が少なくともここに一人いるぞ」 という親への援護と周囲への牽制なのだと気づいた。

電車やレストランで子供が泣き出した時に、オバちゃんとかが 「元気があっていいねえ」 と言うことがあり、以前は 「泣くから元気ってことでもないのでは」 と思ってたけど、最近あれは 「子供の泣き声を歓迎する人間が少なくともここに一人いるぞ」 という親への援護と周囲への牽制なのだと気づいた。

電車やレストランで子供が泣き出した時に、オバちゃんとかが 「元気があっていいねえ」 と言うことがあり、以前は 「泣くから元気ってことでもないのでは」 と思ってたけど、最近あれは 「子供の泣き声を歓迎する人間が少なくともここに一人いるぞ」 という親への援護と周囲への牽制なのだと気づいた。

電車やレストランで子供が泣き出した時に、オバちゃんとかが 「元気があっていいねえ」 と言うことがあり、以前は 「泣くから元気ってことでもないのでは」 と思ってたけど、最近あれは 「子供の泣き声を歓迎する人間が少なくともここに一人いるぞ」 という親への援護と周囲への牽制なのだと気づいた。

電車やレストランで子供が泣き出した時に、オバちゃんとかが 「元気があっていいねえ」 と言うことがあり、以前は 「泣くから元気ってことでもないのでは」 と思ってたけど、最近あれは 「子供の泣き声を歓迎する人間が少なくともここに一人いるぞ」 という親への援護と周囲への牽制なのだと気づいた。

電車やレストランで子供が泣き出した時に、オバちゃんとかが 「元気があっていいねえ」 と言うことがあり、以前は 「泣くから元気ってことでもないのでは」 と思ってたけど、最近あれは 「子供の泣き声を歓迎する人間が少なくともここに一人いるぞ」 という親への援護と周囲への牽制なのだと気づいた。

電車やレストランで子供が泣き出した時に、オバちゃんとかが 「元気があっていいねえ」 と言うことがあり、以前は 「泣くから元気ってことでもないのでは」 と思ってたけど、最近あれは 「子供の泣き声を歓迎する人間が少なくともここに一人いるぞ」 という親への援護と周囲への牽制なのだと気づいた。

電車やレストランで子供が泣き出した時に、オバちゃんとかが 「元気があっていいねえ」 と言うことがあり、以前は 「泣くから元気ってことでもないのでは」 と思ってたけど、最近あれは 「子供の泣き声を歓迎する人間が少なくともここに一人いるぞ」 という親への援護と周囲への牽制なのだと気づいた。