◆貴志篤大の家族構成と趣味

貴志篤大の趣味は鉄道

貴志篤大の趣味は鉄道 鉄道を眺めたり、触ったり乗ったりするのが大好きな男性の貴志篤大は、年齢は45歳の会社員です。
同じく会社員で45歳の友達と一緒に鉄道を観に行ったりすることがあります。
貴志篤大は、鉄道マニアの友達は比較的多いようなのですが、撮り鉄の友達とは鉄道の話が盛り上がりますし、一緒に鉄道グッズを買いに行ったりすることもあります。
撮り鉄というのは、鉄道に近づいて触ったりして写真撮影をする鉄道マニアのことです。
貴志篤大は、そんな撮り鉄の友達とは少し異なり、乗り鉄のマニアのようです。
鉄道マニアというのは非常に奥が深く、鉄道を研究し始めると止まらなくなります。
貴志篤大は、小さい時から鉄道ファンということで、いろいろな鉄道に乗ったりしたようです。
なぜ鉄道が好きなのかというと、そのカッコいい見た目にあるようです。
角度によっても見え方が異なる鉄道は種類豊富であるため、熱しやすく冷めやすい性格の貴志篤大でもまったく飽きが来ないというもののようです。
鉄道グッズは、よく時間がある時に鉄道ファンの友達と一緒に購入をして眺めたりして楽しみます。

趣味の鉄道について

趣味の鉄道について そんな家族とのひとときを大事にしている気さくで優しいお父さんである貴志篤大ですが、趣味は鉄道です。
趣味の鉄道は、鉄道マニアといっても過言ではないほど、詳しく、鉄道には目がありません。鉄道マニアということは、妻だけが知っていて子供は知らないようです。
鉄道は、子供の時から馴染みが深いものだったようで、カッコいい、男のロマンに溢れたものという印象があるようです。乗り鉄や撮り鉄と様々なジャンルに分けることのできる鉄道ですが、そのジャンルを何通りもいうことができるようです。
鉄道に興味があるので、時間がある時には様々な鉄道を観に行くこともあります。鉄道への興味がとにかく人一倍強いので、それも妻は理解しています。
ちなみに妻も少し鉄道に興味があるようで、貴志篤大から話を聞いているうちに種類もたくさんあり、鉄道にハマる気持ちが分かるようです。鉄道には目がないのですが、子供は興味がなさそうなので子供には鉄道マニアということは伝えていないようです。
まだまだ鉄道は奥が深いということで興味が増してきているようです。
熱が入ると、とことんのめりこむタイプの貴志篤大は、新しい鉄道を発見するとワクワクします。人一倍鉄道マニアで、とことん極めないと気が済まない性格といえます。

鉄道は撮るよりも乗る派

鉄道は撮るよりも乗る派 貴志篤大は、乗り鉄の方です。鉄道について知らない人は何のことだかまったくわからないという人も少なくないようですね。
この鉄道は、鉄道マニアでももっとも目立つのが撮り鉄です。撮り鉄は、電車の先頭部分に近づいたり触ったりするのでかなり目立つようです。
ちなみに、貴志の鉄道マニアの男性は、この撮り鉄でもあります。撮り鉄の鉄道マニアの友達に感化された部分もあり、最近は一緒に鉄道の写真撮影をすることが多いようです。
鉄道は極めだすと止まらないのが鉄道マニアとも言われています。ただ、鉄道にあまり近づきすぎると目立つし、写真撮影をし始めると止まらなくなるという友達は、それが悩みのタネのようです。
そんな撮り鉄の鉄道マニアの友達をみて貴志は、そんな悩みもあるんだと言うことを最近知りました。鉄道マニアにも様々なマニアがいて、それぞれこだわりも悩みも異なるようです。
鉄道マニア向けのグッズが販売されているお店もあるようで、そこに貴志は友達と一緒に足を運ぶ事が多いようです。このお店もいったん入ると、かなり長い間グッズを見てしまうということで鉄道はハマりだすと止まらないようです。
小さい時から鉄道マニアという生粋の鉄道マニアの貴志の友達もその上をいく鉄道マニアのようです。

貴志篤大の仕事や家族は?

貴志篤大の仕事や家族は? 貴志篤大は、温厚で気さくな性格の優しい男性です。
年齢は45歳で、映画やテレビ番組、アウトドア、そして鉄道にはかなりのこだわりがあります。
鉄道は、熱しやすく冷めやすい性格でもある貴志篤大が、唯一小さい時から持ち続けている趣味の一つと言えるでしょう。
貴志篤大は、栃木県出身で結婚をしていて妻と子供が2人います。妻も貴志篤大と同じく温厚で優しい性格であり、ほとんど怒ることはないようです。
仕事は会社員の貴志篤大は、平日はほぼ忙しくあまり家族と過ごす事ができないのが悩みのようです。休みは土曜日と日曜日の休日だけということで、この休日には家族と過ごすようにしています。
鉄道マニアでもある貴志篤大は、同じく鉄道マニアの友達と一緒に鉄道の話をして盛り上がったり、鉄道を見に行き、乗ったり写真撮影をして楽しむこともあるようです。
最近は、もっと良い写真撮影の仕方がないかと試行錯誤をして、よりカッコよく撮れるようになりたいと考えているようです。
鉄道には映画のように幅広いジャンルのものがあり、乗り鉄、撮り鉄、音鉄、自国鉄といった鉄道マニアもいます。

貴志篤大は家族と仲がいい

貴志篤大は家族と仲がいい 貴志篤大は、栃木県出身の男性です。貴志篤大の年齢は45歳で、仕事は会社員をしています。
結婚をしていて妻と2人の子供がいます。仕事は結構忙しく、普段はあまり家族と過ごすことができないようなのですが、休日になると家族団らんを過ごしたりしているようです。
子供は2人いて、会社員の息子と大学生の娘がいます。家族思いの貴志篤大は、仕事に追われる忙しいときでも休日の家族団らんを欠かしませんでした。
子供たちが幼いころから家族仲はとても良く、子供たちは父親が忙しくても機嫌が悪くなることはなく、休日に父親と過ごせることを楽しみにしていました。
家族団らんの時には、主に一緒にテレビを観たり、映画を観たり、アウトドアに出かけたりしました。子供はスポーツも好きで、父親の貴志篤大は、息子と一緒にサッカーや野球をして遊んだり、また娘とはテニスや卓球をして遊んであげることもありました。
スポーツが得意というわけではないのですが、子供が好きなスポーツを覚えて一緒に遊んであげていたようです。
周りからも非常に仲の良い家族として知られていて、子供たちが大きくなった今でもとても楽しそうな雰囲気を醸し出しています。
とても気さくで良いお父さんという印象があります。

家族との過ごし方について

家族との過ごし方について 貴志篤大は結婚をして子供もいますが、休日になると鉄道には触れず妻や子供たちと一緒に過ごします。
子供は、息子と娘の2人いて、息子は会社員で娘は大学生です。
そこまで年齢は離れているというわけではないので似た趣味があるようです。
主に家族のおすすめの映画を見たり、テレビ番組を見たり、スポーツをして過ごすことの多い貴志ですが、最近はドキュメンタリー映画にハマりつつあります。
ドキュメンタリー映画は、最初そこまで興味があったというわけではないのですが休日に家族で楽しめる番組はないかと思いテレビ番組欄を見ていると面白いドキュメンタリー番組を発見しました。
それがきっかけで、家族で休日になるとそのドキュメンタリー番組を欠かさずに観るようにしているということです。
ドキュメンタリー番組やドキュメンタリー映画を見ることが多い貴志ですが、映画はジャンル問わず様々な作品を見ることが出来ます。
新作映画はもちろんのこと、アクション映画やSF映画、洋画も見ます。
どちらかというと邦画派の貴志ですが、最近は洋画も見てみようと洋画に触れることが多くなってきているようです。
スポーツは、サッカーでも野球でもゴルフでもほぼ何でも出来るので、子供たちと一緒にサッカーや野球、テニスなどをして休日に楽しむこともあります。

新着情報
「鉄道 乗る」
に関連するツイート
Twitter

観光目的で岳南鉄道乗るならば、比奈駅で下車して、踏切近くの「比奈カフェ」に立ち寄るといい。天気のいい日に、テラス席から駅や踏切をのんびり眺めながら茶を嗜むのも、なかなか乙なものさ。 #gakutetsu

C.H.ダグラス 線路があるだけでは鉄道とはいえない。線路の上を列車が走ってこそ鉄道といえる。 通貨も列車のように社会の中を流れ動いてこそ価値がある。 われわれの財布の中の紙幣や硬貨は、お金の流れに乗るための切符みたいなものです。だからダグラスは紙幣や硬貨を切符に例えました。

Twitter楽をするくふう。人類は進歩してきたんだから@umihaiiyona

返信 リツイート 3:46

世界の中国鉄道乗る為には、遺書が必死とかってなんなのソレ。まあ、生存者ごと埋めちゃう位だからわからない気がしないでもないけどさぁ。しかし、ヘルメット被ったりとか、必要道具に本当笑っちゃうだけど。数珠や非常食がいる乗り物になんて絶対のりたくないなぁ。

銀河鉄道乗るねん。

地方の鉄道では、ワンマン運転やボタン式開閉ドア などがあります🚃 駅に到着したのに、待ってもドアが開かない!と思ったら、ワンマンで別のドアから乗る車両だったり、押しボタンに気が付かず、待っていたことがありますね。 ローカル線あるあるかと思います。 #オンプラ

TwitterKey,K@竜&燕党 銭湯好き♨️@28ni1rinnoYuri

返信 リツイート 1:05

予定の候補として 1 熊本から長崎に行く 2 熊本観光 3熊本から福岡までいく 4肥薩おれんじ鉄道の豪華列車にの乗る ぐらいしか思いつかん・・・さいやく当日決めれば良いかーとか思い始めた

Twitter鍵っ子アグニship3@何か@AGUNI_key_pso2

返信 リツイート 0:49

鉄道に対しては幼少時から特に興味も無く今も通勤手段(不満を述べても仕方ないので無の心で乗るが、どちらかと言えば不快な思いをすることのが多い)としての認識しかないけど、鉄ちゃんとかはトラブルのさなかにも楽しみを見出だせるのだろうか。父の「通勤がイヤで自営業にした」という言葉を思い出す

返信先:@kakitama2310他1人 横入りですみませんm(_ _)m 老パルチザン、この人です 「さよなら銀河鉄道999」の冒頭で、崩壊して機械化兵たちがうじゃうじゃいるメガロポリスの銀河鉄道のホームで、鉄郎が999に乗るのを命懸けで助けたカッコいいおじいさんです ちなみに、声優さんは、紅の豚のあの人(←ド忘れ💦) pic.twitter.com/x15yPAeFJU

Twitterゆきめ@ヤマトロス治療用垢@snow_Andromeda

返信 リツイート1 0:33

自分が学生時代に鉄子と呼ばれるようになったのは、全国から学生が来ている大学で、「どうやったら鉄道でお得に帰省できるか」の相談に乗るという需要が(少ないけれど)あったからだ。 ヲタというより、実利に繋がる役立つ人という認識をされたことは、まあ運が良かったのだろうな。

岩手の旅終わっちゃった… 楽しかったな~また別の季節に来たい 帰ったら宮沢賢治読み直そう ここに来てから作品を読んだ方がイーハトーヴをリアルに感じられそう 銀河鉄道は環状線なんじゃないかってのもニュートンに書いてあったなあ 私もいつか乗るぞ~! pic.twitter.com/UGqGondd2b